• トップ
  • WordPress基礎
  • WordPressの構築を外部委託やWeb制作会社に依頼する時の5つのポイント

WordPressの構築を外部委託やWeb制作会社に依頼する時の5つのポイント



企業や組織としてWordPressを必要とする場合、技術的なリソースがなければWordPressの構築や運営が難しいこともあるでしょう。 その場合、WordPressの構築を外部委託やWeb制作会社に依頼するのがベストな選択と言えます。

今回はWordPressの構築を外部委託やWeb制作会社に依頼する時の5つのポイントをご紹介します。

WordPressを外部委託やWeb制作会社に依頼する時のポイント

さっそくですがWordPressを外部委託やWeb制作会社に依頼する時の5つのポイントをご紹介します。

1.具体的にどのような業界及び業種での実績があるか

WordPressの構築を委託や依頼したいと考える会社や企業、またはフリーランスの実績をチェックしましょう。 実際に構築したページとして導入事例があれば技術的な部分のチェックがしやすいです。 ただし、守秘義務等の関係で公開できないこともありますので、見積りを取りながら問い合わせや相談の中でどの程度の実力や実績があるのかチェックすることが大切です。

2.テーマやプラグインのカスタマイズや自作は可能か

WordPressのテーマやプラグインはそのままでも利用可能なものが多いですが、やはりカスタマイズできたほうが拡張性がさらに高まります。 また、必要に応じてテーマやプラグインを自作できるようなWeb制作会社やフリーランスですとなお良いでしょう。

3.構築及び導入だけでなく、セキュリティの確保及び保守やメンテナンスは頼めるか

WordPressの構築では契約や条件に応じて、設置のみ・簡単なカスタマイズのみ・またはセキュリティの確保や保守、メンテナンスも対応するかなどが決まります。 WordPressの設置自体はそう難しくないですが、カスタマイズやセキュリティ性の確保となりますと自社で技術的なリソースがなければ対応できません。 技術的なリソースがなければセキュリティの確保、運営や保守、メンテナンスのサポートを受けられるかどうかもチェックしましょう。

4.導入コストだけでなく、ランニングコストが見合うか

注意点としてはWordPressはWeb制作の敷居が低いため、駆け出しのフリーランスがWordPressを構築=WordPressの設置と勘違いしたまま受注することがある点です。 なるべく複数の会社及び業者と相見積りを取って大体の相場を把握しておくことをおすすめします。

5.過不足なく丁寧なコミュニケーションができるか

ビジネスの実務レベルに耐えうるWordPressを必要とする場合、それなりのコミュニケーションが必要となります。お互いに意志の疎通がしやすいか、こちらの意図がきちんと伝わるかどうかという、ビジネスで基本の部分だからこそある意味厳しくチェックしましょう。 昨今ではフリーランスとして優秀な人材も少なくないため、コミュニケーションが非常に円滑でサポートも充実、迅速に対応してくれる人材も増えています。しかし、前述したように技術はないけれど受注してしまうようなフリーランスもいることに注意しましょう。 ある程度の規模のWeb制作会社であればコミュニケーションも含めて問題ないかと思われます。

自社でWordPressを構築・運用したいと思っている方へ

技術的なリソースがあればWordPressを自社で構築、運用することは難しくありません。 ただし、技術的なリソースをWordPressに割くということは、その人材は他の業務や作業をするリソースが減るということを忘れないでください。 間違ってもWordPressはタダだし、カンタンだからすぐに作れるだろうという考えで押し付けてはいけません。それなりの知識や技術があれば見栄えの良いWordPressを「設置」するだけは簡単ですが、ビジネスで必要な機能を実装したり、自社サービスの一部として組み込んだりしたい場合はやはり、それなりのリソースが削られるということを覚悟しておくべきです。

まとめ:WordPressの性能をフルに扱える企業や会社を選ぼう

今回はWordPressの構築を外部委託やWeb制作会社に依頼する時の5つのポイントをご紹介しました。 基本的には委託先や依頼先をきちんと見極めて、コストが合うかどうかをチェックすること、実力や実績を見逃さないことが大切です。 また、お互いに気持ちよく仕事ができる人材かどうか、コミュニケーションしやすいWeb制作会社かどうかによって、保守やメンテナンス、将来的な拡張も含めて長く付き合えるかどうかが変わってきます。 ある程度の相場を把握したら、逸脱しないコスト感であれば人柄や丁寧さ、誠実さで選ぶことも時には重要だということです。 

目 目

注目記事

SEO特集