YouTubeをWordPressに埋め込む方法や掲載する時に注意すべきポイント



WordPressではYoTube動画を記事や固定ページに埋め込むことができます。

しかし、何も知らないまま動画を埋め込んでしまうと思わぬトラブルに発展する可能性があるため注意が必要です。

今回はYouTubeをWordPressに埋め込む方法や掲載する時に注意すべきポイントについてお話します。

YouTubeをWordPressに埋め込む方法

はじめにYouTubeをWordPressに埋め込む方法をご紹介します。

YouTubeで埋め込みたい動画に音楽が含まれていないかチェックする

自社撮影・編集の動画、もしくは他人の作った動画のどちらの場合でもJASRACに関係する音楽が含まれていないかを必ずチェックしましょう。

参考元:動画投稿(共有)サービスでの音楽利用 JASRAC
https://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/movie.html

上記を参考にして、目的や用途がJASRACの定める基準を満たしているか、もしくはJASRACに関係のない音楽や音素材を利用している動画のみ埋め込む候補にしてください。

後述しますが、勝手にJASRACに関連する音楽が含まれる動画を埋め込んだ場合はネガティブな結果になることを留意しておきましょう。

自社撮影・編集の動画ではない場合は違反動画でないかチェックする

同じく自社撮影・編集の動画でない場合はでは違反動画ではないかチェックしましょう。

他の人の作った動画を勝手にアップロードしているだけの動画、著作権や肖像権を侵害するような動画は使うべきでありません。

YouTubeの共有機能の「埋め込む」で生成されるコードをWordPressにコピペ

JASRACの基準もチェックしてOKだった、もしくは違反動画ではなかった、または自社撮影・編集の動画の場合であれば安心してWordPressに埋め込むことができます。

参考元:IPA Channelデジタルトランスフォーメーション(DX)ってなんだ
https://www.youtube.com/watch?v=GqoyKHWKZ_s

次に上記IPAの動画を元に、埋め込む方法を説明します。

まずはYouTubeで動画を開いて、任意の場所で停止します。そして、上記スクリーンショットの「共有」のリンクをクリックしましょう。

共有をクリックすると「埋め込む」というボタンが出てきますので、それをクリックします。

埋め込むをクリックするとHTMLタグが生成されますので、それをコピーします。

コピーしたHTMLタグをWordPressの記事編集画面もしくは固定ページの本文にペースト(貼り付け)します。

貼り付け(ペースト)した時点で一度プレビューしてみてください。上記のような形で本文内にYouTube動画が表示されれば埋め込み成功です。

先ほどはクラシックエディターのモードでの説明でしたが、Gutenberg(グーテンベルグ)の場合は上記のようにYouTube動画のURLを簡単に埋め込むこともできます。

YouTubeをWordPressに掲載する時に注意すべきポイント

次にYoutubeをWordPressに掲載する時に注意すべきポイントをご説明します。

YouTube動画の著作権や肖像権、もしくは違法動画に注意すること

YouTubeでアップロードされている動画は場合によっては悪意のある第三者が著作権や肖像権を侵害していたり、テレビやアニメ、音楽などを無断転載していることがあります。

知らずにWordPressに埋め込んでしまうことで、著作権や肖像権の侵害の幇助となる可能性があり、非常にリスクが高いです。

また、前述したようにJASRACに該当する音楽についても同様であり、知らず知らずのうちに利用料などが発生する可能性があるので注意しましょう。

間違っても元動画をダウンロードして無断転載しないこと

昨今では気軽に動画や画像を「拾い画」と称して無断転載する人がいますが、無断転載は基本的にすべて違法です。

YouTubeで見つけた動画をさも自分が作成した動画かのようにアップしたり、公開したりすることは絶対にいけません。

勝手に無断転載、無断アップロードすれば著作権侵害で訴えられたり、損害賠償問題に発展したりすることも留意しておくべきです。

可能な限り自社で撮影・編集した動画を利用するか、他人の動画を使う場合も参考や引用の範囲を越えないよう取り扱うことをおすすめします。

他人の作ったYouTube動画のみでコンテンツや記事を作成しないこと

YouTube動画をいくつかWordPressに埋め込むだけで、それなりのコンテンツとして1ページ作成することができます。

しかし、個人かつ趣味の場合、もしくは企業や組織としての場合においても他人が作ったYouTube動画のみでコンテンツや記事を作成するのはおすすめできません。

もちろん、引用や参考として、資料として動画を紹介したい、もしくは自社撮影・編集の動画であれば別ですが、コピペ記事のようなコンテンツを作ることは信頼に欠けるということを覚えておきましょう。

まとめ:自社で撮影・編集してYouTubeにアップした動画を埋め込むのがおすすめ

今回はYouTubeをWordPressに埋め込む方法や掲載する時に注意すべきポイントについてお話しました。

他人の動画を埋め込む場合は参考や引用を越えない範囲で埋め込むように意識すること、可能であれば自社撮影・編集の動画を埋め込むことをおすすめします。

また自社撮影・編集の動画の場合もJASRACの基準を満たしているか、もしくはJASRACの音源を使わないようにするか注意すべきです。

同時に、動画といってもスライドショーに音声を付け加えたり、パソコンの操作画面を動画でキャプチャーしたりしながら説明する方法もあります。

難しく考えずに動画コンテンツの制作にも慣れていくこと、コピペ記事やパクり記事のようなコンテンツを制作しなことを心がけてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がYouTube動画をWordPressに埋め込みたいと考えている方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集