• トップ
  • プラグイン
  • WordPressの人気SEO系プラグイン3つを参考に比較・検討する際のポイントを解説

WordPressの人気SEO系プラグイン3つを参考に比較・検討する際のポイントを解説



WordPressはデフォルトの状態でもSEOに強いとされていますが、やはり別途SEO施策、SEO系プラグインの導入は必要不可欠です。

しかし、SEOプラグインは多数公開・リリースされており、どれを選べば良いか悩むこともあるでしょう。

今回はWordPressのSEO系プラグインで人気のある3つのプラグインを紹介するとともに比較・検討する際のポイントについてお話します。

WordPressの人気SEO系プラグイン3選

はじめにWordPressの人気SEO系プラグイン3選をご紹介します。

All in One SEO(旧:All in One SEO Pack)


All in One SEO:https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/

All in One SEOは旧名All in One SEO Packとして長年人気のあるSEO系プラグインです。インストールすると記事投稿画面にタイトルやディスクリプション、メタキーワードなどの設定が可能となり、記事コンテンツごとの細やかなSEO施策が可能となります。その他にもコードをのSEO最適化、サイトマップの生成、Google Analyticsとの連携、Google Search Consoleとの連携などSEOの基礎と言える部分の設定も可能であり、SEO全般の施策を一元的に導入・管理できる非常に便利なプラグインです。

Yoast SEO


Yoast SEO:https://ja.wordpress.org/plugins/wordpress-seo/

Yoast SEOはも長く人気のあるSEO系プラグインであり、サイトマップの生成、記事コンテンツごとのSEOスコア表示、パンくずリスト生成、Google Search Consoleとの連携など幅広い範囲のSEO施策を可能とします。All in One SEOと比べるとSEO施策は少ないと感じるものの、気軽かつ手軽にSEOを始めたい場合にはおすすめであり、機能のひとつひとつを理解しながら、使いこなすことでSEO効果を得られる可能性が高まります。

SEOPress


SEOPress:https://ja.wordpress.org/plugins/wp-seopress/

SEOPressはGoogle Analyticsとの連携、各種SNS投稿の最適化、モバイルとPCのプレビュー、コンテンツ分析などのSEO施策を可能とするプラグインです。前述した2つのプラグインと同じようなSEO施策の機能もあり、その他で必要とするSEO施策に関する機能があれば導入候補となるプラグインと言えます。

人気SEO系プラグイン3つを参考に比較・検討する際のポイント

次に人気SEO系プラグイン3つを参考に比較・検討する際のポイントについて解説します。

必要な機能を備えているか、もしくは将来的に使いたい機能があるかどうか

SEO系プラグインは大きく分けて「統合的なSEO施策が可能」なものと「単一的なSEO施策の機能のみ」のものの2種類に分かれます。今回ご紹介した3つのプラグインは統合的なSEO施策が可能なプラグインと言えます。

そして、SEO系プラグインを比較・検討する際に大切なのが、必要な機能を備えているか、将来的に使いたい機能かあるかどうかです。これら3つのプラグインのSEO施策となる機能を比較すること、同時に単一的なSEO施策の機能のみのプラグインと併用し、求めるSEO施策が可能となるか比較・検討しましょう。

具体的にSEOに効果がある機能か理解できるかどうか

SEO系プラグインは統合的、もしくは単一的なものも含めて多くのプラグインがリリースされています。大切なのは具体的にどのようなSEO効果があるのか、そしてそれを理解して導入できるかどうかです。

逆に言えば、よくわからないままSEO系プラグインを導入し、よくわからないまま設定してしまうとSEOの効果が薄れるどころか、悪影響になることも知っておかなくてはなりません。重複する機能がないかどうか、同時によくわからないまま「インストールして、有効化した時点で自動でONになる機能」がないかどうかもチェックしておきましょう。

既存のSEOの施策、もしくはプラグインの相性も重要

もし、統合的なSEO系プラグインを既に導入している、またはパンくずリストの生成やサイトマップの生成などの単一的なプラグインを導入している場合は既存のプラグインとの相性も比較・検討の材料になります。

また、SEO系以外のプラグイン、もしくはテーマとの相性もチェックする必要があります。特にSEO施策とともにデザインが変更されるような機能を持つ場合はデザインが崩れる可能性もあるので、テスト環境でじっくりとテストした上で本番環境に導入しましょう。

まとめ:SEO系プラグインを比較・検討する時は「理解して、使いこなせるか」を重視しよう!

今回はWordPressのSEO系プラグインで人気のある3つのプラグインを紹介するとともに比較・検討する際のポイントについてお話しました。

SEO系プラグインは数多くリリースされていることから、選ぶ時に悩みますが、大切なのは「理解して、使いこなせるか」という点です。

同じく「具体的にどのようなSEO効果があるのか」も加味しながら、意味や効果があるのかわからないまま、無駄にSEO系プラグインを導入して、逆効果になったり、WordPressに不具合が起きやすい状態になったりしないよう注意してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がSEO系プラグインの比較・検討にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集