コンテンツマーケティングでドメインとサイトの価値や評価を高める方法



ドメインやサイトの評価が低い場合、良質なコンテンツを制作しても検索結果の上位に表示されずに悩むことがあります。

ドメインやサイトの価値および評価を高めたいのであれば、コンテンツマーケティングを導入し、価値や評価を蓄積していくのがおすすめです。

今回はドメインおよびサイトの価値や評価に関する基礎知識やコンテンツマーケティングで価値や評価を高める方法についてお話します。

ドメインおよびサイトの価値や評価について

はじめにドメインおよびサイトの価値や評価に関する基礎知識について説明します。

ドメインおよびサイトの価値や評価と検索順位の関係性

ドメインやサイトは様々な項目で評価されています。例えば、検索結果の検索順位において、ドメイン直下、サイトのトップページが1ページ目の上位に表示されるかどうかはドメインやサイトへの評価の差です。

ドメインやサイトの評価はページの表示速度、モバイル対応の可否、コンテンツの質、ドメインおよびサイトの信頼性や権威性、安全性などが挙げられます。その他にもSEO対策を講じることで、ドメインやサイトへの評価が上がるとされていますが、検索エンジンのアルゴリズムは一定期間ごとに変更されるため、今までOKだったSEO対策がNGになることもあるため、いきなり評価が下がる+検索結果の順位が下がることも少なくありません。

検索エンジンの評価の仕組みの本当の部分は公開されていない

サイトやドメインの価値や評価が具体的に何点かわかれば、改善しやすいですが、検索エンジン側から直接的かつ数値的に「あなたのドメイン/サイトの評価は何点です」とは教えてくれません。

また、評価の指標となるガイドラインや仕組みについて説明がある部分もありますが、あくまでも目安とされています。

なぜなら、評価の指標や仕組みの本当の部分を知られてしまうことで、悪用されてしまう懸念があるからです。具体的には検索エンジンとしてもインターネット上に存在する膨大なWebページをクロールし、評価して適切に検索結果に出力するためにはアルゴリズムやルールによって自動化しなくてはならず、自動化されている部分を公開してしまうことで、悪用され、悪意のあるページや悪質な詐欺サイトにつながってしまうことを防がなくてはならないのも理由と言えます。

検索順位はドメインやサイトへの評価+コンテンツへの評価

検索順位はドメインやサイトへの評価、そしてコンテンツへの評価がプラスされたものと言えます。

いわゆる、コンテンツの質は負けてないはずなのに検索結果の上位に表示されないのはこのためです。

例えば、単一のページのみの質で勝っていても、相手のドメインおよびサイトの方がコンテンツ数が多く、それなりに評価されているページがあれば、検索結果の順位で負けてしまうということです。

コンテンツマーケティングで価値や評価を高める方法

次にコンテンツマーケティングで価値や評価を高める方法をご紹介します。

コンテンツごとに評価を蓄積していくイメージ

コンテンツマーケティングはコンテンツごと=ページごとに評価されます。そのため、検索エンジンの評価基準を満たすコンテンツを作りつづけること自体がSEO対策になります。

昨今では検索エンジンのクロールにおいて、コンテンツ内の文章を単語やキーワードのみで評価するというよりも、ユーザーにとって有益であるか、信頼性があるかも含めて判断される傾向にあります。

その他、評価指標のひとつとされる被リンクについても、ただリンク元のドメインやサイトの評価も加味されるようになり、いわゆる「被リンクをお金で購入する」ような手法はペナルティとして扱われます。

すなわち、良質なコンテンツを作り、自然な形の被リンクを集めるという地道な方法がコンテンツの評価を上げる近道ということです。

蓄積された評価がドメインやサイトの価値を高める

コンテンツを作れば作るほど、コンテンツごとの評価が蓄積され、蓄積された評価がドメインやサイトの価値を高めます。

また、実際にドメインやサイト内のページやコンテンツが10ページに満たない場合と100ページ、500ページと多く存在する場合では後者の方がアクセスや被リンクが増えるのは当然のことと言えます。

ただし、質の低い記事はマイナスな評価になることもあり、数を作れば良いのではなく、ユーザーにとって有益であるコンテンツ、質の高いコンテンツ制作によるコンテンツマーケティングを意識する必要があります。

ユーザーに喜んでもらえるコンテンツ制作が大事

ユーザーに喜んでもらえるコンテンツとはどんなものか今一度考えてみましょう。

  • ユーザーの悩みや疑問に答えてくれること
  • ユーザーの知的欲求を満たしてくれること
  • ユーザーに直接的および間接的に利益になること
  • ユーザーが求める商品やサービスの説明があること
  • ユーザーが安心感や信頼感を持って情報を参照できること

例えば、上記は一例ですが、コンテンツマーケティングの基本である「無料でコンテンツを提供し、認知・興味関心を主軸としてリードを顧客に成長させる」ために求められる要素でもあります。

ドメインやサイトの評価を上げるためにも、これらの要素をしっかりと意識しながらコンテンツ制作することをおすすめします。

まとめ:コンテンツマーケティングで中長期的かつ安定的な利益を手に入れよう

今回はドメインおよびサイトの価値や評価に関する基礎知識やコンテンツマーケティングで価値や評価を高める方法についてお話しました。

コンテンツマーケティングによってコンテンツを蓄積することで、ドメインやサイトの価値や評価を高めることにつながります。

同時に、蓄積したコンテンツ自体が集客効果となり、潜在的な顧客層への認知、見込み客=リードとして興味関心から、商品の購入や有料サービスへの課金につなげることも期待できます。

大前提として質の高いコンテンツを作ること、まずはユーザーの利益となることを考えながら、コンテンツマーケティングを継続的に運用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がコンテンツマーケティングの導入を検討されている方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集