WordPressで構築した自社サイトの見栄えがパッとしない時の解決策



WordPressをゼロから構築した自社サイトにありがちなのが「どこかで見たことある」や「見栄えがパッとしない」ことです。

WordPress自体は無料、かつ技術的リソースやデザイン面の人材がなくても自社サイトが構築できてしまうのが理由と言えます。

今回はWordPressで構築した自社サイトの見栄えがパッとしない時の解決策についてお話します。

1.大手企業・ブランド・メーカーの公式サイトをチェックする

まずはさまざまな公式サイトをチェックし、どのようにデザインされているのか、どのような機能があるのか参考にしましょう。

伝わりやすく、わかりやすいデザイン、印象的で心に残る構図など、ざっくりとで良いので自社サイトとの違いを明確にすることが大切です。

2.自社のイメージカラーや商品・サービスと合致しているかチェックする

次に自社のイメージカラーや商品、サービスと合致しているかチェックします。特に技術やデザインのリソースがないまま作成されたWordPressサイトは「無料のテーマ・プラグイン」で満足してしまうことがあるため、どこかで見たようなありがちなデザインや構図になりがちです。

どうすれば自社のイメージが伝わるのか、商品やサービスの良さを伝えるにはどうすれば良いのかを考えてみましょう。また、せっかくですから、会社概要や商品紹介だけでなく、何らかのコンテンツを定期的にアップし、コンテンツマーケティングに挑戦してみるのもおすすめです。

3.テーマの変更やプラグインの導入を検討する

次に無料のテーマやプラグインをチェックし、自社サイトのイメージアップにつながるものがないか探してみましょう。WordPressは無料のテーマ・プラグインでも、カラーリングやデザイン構図が合致すれば、それなりの見栄えにアップデートすることは、そう難しくありません。

テーマをチェックする時はカスタマイズしやすいか、全体のカラーおよび色合いが調整できるかなど、細かな設定ができるもか見ておくべきです。プラグインも同様であり、必要な機能が追加できるかどうかとともに、似たようなプラグインでもっと良いものがないかも見ておきましょう。

4.有料の写真や画像素材、テーマやプラグインの購入を検討する

WordPressは無料という意識が強いため、なるべくコストを抑えながらデザインしようと考えてしまいがちです。技術的リソースやデザインに関する知見や人材がないなら、有料の写真や画像素材、テーマやプラグインの導入することで改善できる可能性が高まります。

特に有料のテーマは高機能なものも多く、導入して細かな設定を行うだけでオリジナリティのあるデザインを作りやすくなっています。無料で済ませようと悩むよりも、課金した方が解決しやすいということも覚えておきましょう。

5.技術的かつデザイン面でのリソースがないなら外注を視野に

有料のテーマ、プラグイン、写真、画像素材を導入しても見栄えがパッとしない、改善されたように感じられないのであれば、Web制作のプロに外注することも視野に入れましょう。昨今ではクラウドソーシングなど、プロのフリーランスに依頼する仕組みもありますので、利用してみるのもおすすめです。

また、Web制作会社に依頼することで、デザイン面での課題や悩みを抽出しつつ、イメージ通りの自社サイトを手に入れることもできます。Web制作会社とフリーランスの両方に外注しながら、常に新しく、改善できるような体制を整えておくと良いでしょう。

番外編:技術面やデザイン面のリソースを自社で確保することも検討しよう

せっかくだから、なるべくなら自社で解決したい、コストを抑えながら改善できる体制を手に入れたいとお考えであれば、技術やデザインに関する人材の雇用・育成をおすすめします。

特にWordPressはWeb制作初心者でも扱いやすいCMSです。同時に、オンライン上に数え切れないほどのカスタマイズに関する情報があるため、少しずつ学習することで自社独自のサイトを構築することも可能になります。外部に委託することと並行しつつ、自社で内製できるようにしておけば、長い目で見ると「コストを抑えながら、自社で対応できる」ようになることも覚えておいてください。

まとめ:企業や組織としてのイメージを伝えやすいサイトを目指そう!

今回はWordPressで構築した自社サイトの見栄えがパッとしない時の解決策についてお話しました。

WordPressはほぼ無料でサイトを構築できますが、納得のいくデザインを手に入れるためには技術的かつデザイン面でのリソースが必須です。

「WordPress構築はできたけど、見栄えがパッとしない、物足りない」と感じているのであれば、有料のデザインテンプレートのテーマ、プラグイン、素材を購入したり、Web制作会社やフリーランスに外注したりすること、Web制作ができる人材の雇用や育成も検討しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が自社サイトのデザインを改善したいとお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集