ブログサービスからWordPressに移行したいときに押さえておくべきポイント



自社の独自ドメインを取得したり、既存のブログサービスの機能に満足できなかったりするタイミングでは、WordPressへの移行が視野に入ります。

ブログサービスでも独自ドメインを利用できる場合もありますが、機能面ではWordPressの方が拡張性もカスタマイズ性も高いので自然な流れと言えるでしょう。

今回はブログサービスからエクスポート・ダウンロードしておくべきデータ、そしてドメインやサーバー、データの移行、リダイレクトの設定など忘れやすい部分についてお話します。

ブログサービスからエクスポート・ダウンロードしておくべきデータ

はじめにブログサービスからエクスポート・ダウンロードしておくべきデータについて解説します。

ブログ記事の本文など主となるコンテンツのエクスポート

ブログを移行するタイミングではブログ記事のタイトル・本文・タグ・カテゴリなどの主となるコンテンツをエクスポートおよび手動でコピーします。

ブログサービスによっては、タイトル・本文・タグ・カテゴリも含めて、エクスポートする機能があるので、それを利用すると良いでしょう。

コンテンツで使用している画像のダウンロード

ブログサービス内にアップロードして使用している画像もしっかりとダウンロードしておきましょう。

こちらも一括でダウンロードできる機能があれば利用し、なければ手動でダウンロードしておいてください。

【重要】ブログサービスとWordPressのURL・ディレクトリの違いに注意する

ブログサービスとは異なる独自ドメインを利用する場合、URLやディレクトリ構造が異なる可能性があります。例えば、ブログ記事内の画像URLが異なれば、画像は表示されません。

エクスポートしたファイルを編集し、新しいドメインとディレクトリ構造に一括で置き換えるか、手動でひとつひとつ画像を追加していくかで対応しておきましょう。

ドメインやサーバー、データの移行、リダイレクトの設定など忘れやすい部分について

次にドメインやサーバー、データの移行、リダイレクトの設定など忘れやすい部分について解説します。

ドメインやレンタルサーバーの取得、設定

ブログサービスの場合、ブログサービス上のサーバーを利用しています。そのため、WordPressに移行するタイミングでは独自ドメインやレンタルサーバーの取得が必須です。

ドメインとレンタルサーバーの取得が済んだらWordPressを設置します。ブログ記事やコンテンツをインポートする前に、テーマやプラグインでカスタマイズを行い、デザインを整えておくと良いでしょう。

WordPressにブログサービスからエクスポートしたデータをインポートする

機能やデザインが整ったら、次はエクスポートしたデータをインポートする作業を行います。WordPressのインポート機能はいくつかのサービスに対応しているものもありますので、インストールできるようであれば、インポート機能を利用しましょう。注意点としては、エクスポートしたデータでインポートに成功した場合、タイムスタンプ(投稿日時)が設定されるため、過去記事の投稿日時が維持されます。しかし、手動でブログ記事データを移行した場合、すべてが登録した日時に変更されてしまいます。

なるべくならエクスポート機能を利用すること、どうしても投稿日時をずらしたくない場合は、WordPressにインポートできるファイル形式で、日時などをこまめに転機しながら、投稿日時がずれないように手動で設定して、WordPress標準のインポート機能でインポートしましょう。

ブログサービスからWordPressへのリダイレクトや移行のアナウンスを行う

ブログサービスでGoogleアナリティクスやサーチコンソールを利用している、またはある程度のアクセスや被リンクがある場合はリダイレクトの設定を行いましょう。リダイレクトの設定が行えれば、Googleからの評価や検索結果の順位が引き継がれるためです。

ただし、ブログサービスによってはリダイレクトの設定ができないこともあります。また、ブログサービス側にブログ記事が残っている場合、Googleからの評価や検索結果の順位が下がる可能性がありますので、必要に応じてブログサービス側のブログ記事を非公開にすることも検討しておきましょう。その場合はトップページやヘッダー部分で移行のアナウンスを行っておくこと、新しいWordPressサイトにアクセスしてもらえるようにしておくことを忘れないようにしてください。

まとめ:一括で作業できない場合は手動で確実に移行することが大事

今回はブログサービスからエクスポート・ダウンロードしておくべきデータ、そしてドメインやサーバー、データの移行、リダイレクトの設定など忘れやすい部分についてお話しました。

ブログサービスからWordPressへの移行はアクセスや被リンクが損なわれる可能性があることを留意しましょう。とはいえ、ブログサービスではカスタマイズに限界がありますから、なるべくなら依存してしまう前にWordPressに移行しておくことが大切です。

コンテンツの数が少ない場合はアクセスや被リンクはゼロから構築するというイメージを持った方が良いかもしれません。逆にコンテンツの数が多い場合はリダイレクトなどをしっかりと行い、評価や検索順位が確実に引き継げるようにしっかりと対処することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がブログサービスからWordPressへの移行を検討されている方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集