WordPressでコンテンツマーケティングする際に「目的の明確化」を重視すべき理由



WordPressでコンテンツマーケティングを運営していると「何のためのコンテンツ制作か」に悩むことがあります。

そんな時はブランドイメージの確立、商品やサービスへの導線、利益や売上のアップなど「目的を明確化」することで解決するかもしれません。

今回はWordPressでコンテンツマーケティングする際に目的の明確化を重視すべき理由、そして目的の明確化に悩んだ時のコツについてお話します。

コンテンツマーケティングする際に目的の明確化を重視すべき理由

はじめにコンテンツマーケティングする際に目的の明確化を重視すべき理由について簡単に解説します。

コンテンツ制作および記事執筆がスムーズになる

目的が明確になるとコンテンツ制作および記事執筆がスムーズになります。なぜなら、目的=ゴールであり、何のためのコンテンツ制作か悩まずに済むからです。

コンテンツマーケティングの目的として基本的には「認知拡大」や「興味・関心」を引き出すことではありますが、企業や組織としてコンテンツマーケティングに何を求めるかを考えると良いでしょう。

ブレが少なく、まとまりのあるメディアに成長できる

コンテンツマーケティングでは単一の記事ページへのアクセスも大事ですが、同サイト内の他の記事コンテンツへのアクセスも重要です。

目的が明確になることで、ブレが少なく、まとまりのあるメディアに成長し、顧客やユーザーに記事コンテンツを楽しんでもらうことにもつながります。

顧客やユーザーの中に意図したブランドイメージを構築しやすい

目的が明確になると顧客やユーザーの中に意図したブランドイメージを構築しやすくなり、ファンやリピーターになってもらえる可能性も高まります。

また、価値のあるコンテンツを提供すること自体が認知拡大、興味・関心につながるため、じわじわと顧客層やターゲット層にリーチすることも期待できます。

コンテンツマーケティングする際に目的の明確化に悩んだ時にコツ

次にコンテンツマーケティングする際に目的の明確化に悩んだ時にコツをご紹介します。

企業や組織としてのイメージから乖離しすぎず、かつ「単なる広告」および「自己満足」にならないこと

コンテンツマーケティングにありがちなのが従来の「単なる広告」や商品やサービスの紹介などの「自己満足」で終わってしまうケースです。

コンテンツマーケティングの基本は商品やサービスの紹介ありきではなく、ユーザーが求める情報を提供し、間接的にリーチさせること、アクセスしてもらうことを意識すると良いでしょう。

コーポレートサイトや商品やサービスの紹介とは違うということ、押し付けるような情報ではなく、自然と受け止めたくなるようなコンテンツ制作が大切です。

「広く、浅く」するか「狭く、深く」するかをしっかりと意識する

コンテンツマーケティングでは「情報量」と「情報の深さ」がとても重要と言えます。

広くすれば浅い情報しか伝えられますし、逆に狭くすれば深い情報を伝えることができます。

しかし、広く深くしてしまえば、手軽なコンテンツとして楽しめなくなる可能性があること、同時に浅すぎても離れてしまうこともあります。適度な裾野の広げ方と、情報の深堀りの深度を意識し、記事コンテンツを読み終えた後に「価値のあるコンテンツだった」と思ってもらえるようなバランス調整を心がけることをおすすめします。

商品やサービスとの関連性の強弱を記事ごとに調整してみる

なるべくなら商品やサービスを猛プッシュ・猛アプローチするようなコンテンツ制作はおすすめできませんが、時には押した方が利益や売上につながることもあります。

広告色の強いコンテンツにならないよう意識しながら、記事コンテンツごとに商品やサービスに関連させる強弱を付けてみるとバランスがとりやすくなります。

注意したいのが、コンテンツマーケティングの基礎を守るあまりに、利益や売上に結びつかないことです。利益や売上への導線、商品やサービスへのページに遷移する仕組み、または会員登録やユーザー登録を促すような機能など、リードの獲得やリードの成長などのマーケティング施策を並行して行うと良いでしょう。

まとめ:ブランドイメージとの一体感や統一感を意識してみよう!

今回はWordPressでコンテンツマーケティングする際に目的の明確化を重視すべき理由、そして目的の明確化に悩んだ時のコツについてお話しました。

何のためのコンテンツか、という点で悩んだ時こそ、認知拡大や興味・関心、利益や売上のアップなど、いくつかの目的を設定し、バランスをとりながらコンテンツに反映させることが重要です。

その上でブランドイメージとの一体感や統一感を意識し、ブランドとして恥ずかしくない、またはブランドとして相応しいメディアを作り上げることを忘れないようにしましょう。

また、時にはコンテンツマーケティングの基本や基礎を意識しすぎず、ブランドイメージと乖離しない範囲でコンテンツ制作を楽しむこと、顧客やユーザーに楽しんでもらうことに主軸をおいて、コンテンツ制作が苦しいものではない、つまらないものではないと確認することもおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がコンテンツマーケティングの方向性が定まらずにお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集