WordPressで課金や利益、売上につなげるためのコンテンツ制作方法や考え方



WordPressを構築したけれど、課金や利益、もしくは売上につながらないとお悩みでありませんか。

また、どのような形でコンテンツ制作をすれば認知を向上できるのか、興味や関心を持ってもらえるのかと悩むこともあるでしょう。

今回はWordPressで課金や利益、売上につなげるためのコンテンツ制作方法や考え方についてお話します。

WordPressで課金や利益、売上につなげるためのコンテンツ制作方法

はじめにWordPressで課金や利益、売上につなげるためのコンテンツ制作方法をご説明します。

コンテンツマーケティングに挑戦してみる

コンテンツマーケティングはコンテンツが蓄積されることでアクセスや自然流入が増えるというメリットがあります。

また、企業や組織としてのノウハウや知識、経験に基づいたコンテンツはファンを獲得しやすく、安心感のあるコンテンツとして親しまれるため、認知度とともにブランド力のアップも期待できます。

ただ単に商品やサービスの良さを伝えるためのコンテンツを作るのではなく、顧客にとって有益なコンテンツを制作すること=中長期的な利益となることと意識することが大切です。

WordPressに埋め込める外部コンテンツを活用する

WordPressには外部SNSやオンラインサービスのコンテンツを埋め込むことができます。

WordPressでは表現しきれない、伝えきれないことも動画やスライド、もしくはSNSの投稿によって豊かなコンテンツとして提供することが可能になります。

特に動画については、外部サービスから埋め込むことでサーバーの容量なども圧迫しない点もメリットと言えます。

潜在的な顧客層に「届ける」ことと「知ってもらう」ことを意識しよう

コンテンツを制作する際、届けることと知ってもらうことの両方を意織しましょう。

届く=リーチしなければ見てもらえませんし、リーチしても薄いコンテンツや興味や関心を惹かれないコンテンツですと、知ってもらうこと=認知をしてもらうこともできません。

良いコンテンツを作るだけでなく、SNSや広告、実店舗のポスターやチラシ、パンフレットなど多角的にサイトおよびホームページを広めていくのがおすすめです。

WordPressで課金や利益、売上につなげるための考え方

次にWordPressで課金や利益、売上につなげるための考え方をご説明します。

WordPressのコンテンツを経由して課金や購入を促す

WordPressのコンテンツを経由して、ECサイト、電話やメールによる問い合わせ、営業との商談など、課金や購入につながる経路・導線を考えましょう。

ポイントとしてはWordPressのコンテンツは集客と考えること、企業や組織と顧客がつながるタッチポイントやチャネルとしてとらえることが大切です。

WordPress上で課金や購入できる仕組みを導入する

WordPressにEC機能や課金機能を導入し、直接的に課金や購入する形で利益や売上をアップするのもおすすめです。

昨今では物販だけでなく、サブスクリプションやオンラインサービスへの課金も珍しいことではありません。

利益や売上につながる導線を増やすこと、収入源を増やすことを意識して、顧客やユーザーがお金を支払える仕組みや経路を考えましょう。

「課金や購入」と「認知やファンの獲得」を切り分ける

企業や組織としては「利益ありき」で考えてしまうのは当然と言えます。

しかし、顧客やユーザーからすれば「結局、お金か」と感じてしまうと冷めてしまい、課金や購入につながらなくなります。

コンテンツマーケティングが効果的なのは「こんなに有益なのに、無料だなんて!」という喜びや感謝のタイミングで、自社の商品やサービスを紹介することがポジティブな結果を産むからです。

非常に難しい塩梅と言えますが、課金や購入のためのコンテンツと認知やファンの獲得のためのコンテンツを切り分けて考えて、一見するとお金にならない、訴求効果が弱そうでも「顧客やユーザーに有益であること」を意識してみてください。

ポイントとしては、嫌々お金を支払うようなタイミングを作るのではなく、喜んでお金を払いたいと思えるタイミングを作るのがおすすめです。

まとめ:顧客やユーザーがポジティブな気持ちで課金や購入したくなる工夫を!

今回はWordPressで課金や利益、売上につなげるためのコンテンツ制作方法や考え方についてお話しました。

WordPressは単体でもプラグインやテーマによって、さまざまな機能やデザイン表現が可能です。それらに外部SNSやオンラインサービスを組み合わせながら、「届けること、知ってもらうこと」を意識して運営することが大切です。

その上でコンテンツマーケティングによってコンテンツという資産を蓄積しながら、顧客やユーザーがポジティブな状態で課金や購入したくなるような工夫を考えることをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がWordPressを通じて利益や売上をアップさせたいとお考えの方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集