コンテンツマーケティング導入時におさえるべき5つのポイントとは?



コンテンツマーケティングは顧客や消費者との接点を増やす方法であり、企業や組織、またはブランドやメーカーごとにWebメディアを運用するケースも増えてきました。

ただし、コンテンツマーケティングがただ闇雲にコンテンツをアップすれば良いという簡単なものではないのも確かです。

今回はコンテンツマーケティングの導入時に知っておくべき5つのポイントをご紹介します。

もし「コンテンツマーケティングを展開するメディアがない!」という場合は下記リンクの記事もご参考ください。

コンテンツマーケティングが運用可能なメディアをWordPressで作る方法

1.ブランドやメーカーとしての知見や強みを活かす

コンテンツマーケティングは全く関係のない情報を発信するものではありません。なるべくブランドやメーカーとして関連することをコンテンツにすべきですし、何よりもその方がコンテンツのネタが枯渇することが少なくなります。

まずは自社の強みや蓄積された知見を把握し、強みとなる部分を活かしながら「継続的」にコンテンツ制作が可能なテーマやジャンルを定めましょう。

その上で顧客や消費者のニーズがあるもの、悩みや困りごとの解決となるもの、情報として価値があるものをコンテンツ化するのがおすすめです。

2.ペルソナやターゲットを絞り込む

コンテンツマーケティングは不特定多数に向けて情報を発信するののではりません。必ず、ペルソナやターゲットを絞り込んだ上でコンテンツ制作をしましょう。

自社Webメディアによるコンテンツマーケティングの場合はコンテンツの質と豊富さによって「信頼」や「安心感」を生み出すことにもつながります。

特に顧客や消費者側が「役に立った!」と感謝してもらえるコンテンツは商品の購入や有料サービスの利用につながるきっかけになります。

自社の購買層や主なターゲット層、ペルソナと乖離しすぎないように設定すること、同時に認知や興味関心の段階のユーザーも盛り込めるようなわかりやすい内容にすることも忘れないようにしましょう。

自社の商品やサービスを紹介する時のポイントについては、下記リンクの記事も参考になりますので、合わせてご覧ください。

コンテンツマーケティングで自社の商品やサービスを紹介する時の視点

3.発信する情報の範囲と深さを意識する

コンテンツマーケティングでは発信する情報の範囲と深さを意識することも大切です。関連するからといって何でもかんでもコンテンツにすればいいということではありません。

ある程度の方向性とテーマ・ジャンルを定めること、関連するからといって逸脱しすぎないようにすること、何よりも「広く浅く」ならないようにすることが重要です。

また、情報の深堀りや質については検索エンジンの評価における専門性や権威性にも関わる部分ですので「自社にしかできない情報発信」や「正確かつ信頼できる情報発信源になること」を心がけることもおすすめです。

4.アナリティクスによる効果測定を行う

コンテンツマーケティングを運用する場合は必ずアナリティクスによる効果測定を行いましょう。コンテンツをアップして終わり、ということではないので注意が必要です。

公開したコンテンツがどれだけのアクセスを生んでいるのか、間接的に利益や売上にどの程度影響しているのか、アナリティクスを通じて効果測定し、さらに効果的にするにはどうれば良いのかを模索し続けるべきです。

また、コンテンツの情報によっては情報が古くなってしまうパターンがあります。定期的にコンテンツを見直して、古い情報は新しい情報への誘導を行ったり、コンテンツそのものを書き換えることも忘れないでください。

その他、SNS映えを意識したい場合は下記リンクの記事もご参考ください。

WordPressでSNS映えのするコンテンツマーケティングの取り組み方

5.利益や売上につながる導線への誘導は控えめに

コンテンツマーケティングでは利益や売上につながる導線への誘導は控えめにすることが大切です。

極端なことを言えば「なんだ、結局、広告か」といったような閲覧者をがっかりさせるような構成にせず、閲覧者に喜んでもらうことを重要視するということです。

コンテンツマーケティングを利益や売上につなげる場合は閲覧者に嫌がられないようにすること、自然な流れで自社の商品やサービスを提案する程度に留めておくと問い合わせや資料請求につながりやすいということを覚えておきましょう。

まとめ:PDCAサイクルを組み込んだコンテンツ制作が大事!

今回はコンテンツマーケティングの導入時に知っておくべき5つのポイントをご紹介しました。

コンテンツマーケティングは「コンテンツをアップすればOK」というより「価値のある情報を提供すること」と「顧客や消費者が求める情報」が合致することが大切です。

同時に、ただ単にアップするだけでなく、アナリティクスによる効果測定を行った上でPDCAサイクルを回しましょう。どのようなコンテンツにニーズがあり、どのようなキーワードで訪れているのかなども合わせて分析することで、潜在的な顧客層やニーズの把握もしやすくなるでしょう。

もし、コンテンツマーケティングを導入したい、またはコンテンツマーケティングを運用できるWebメディアが欲しいとお考えであれば、当社「コロンバスプロジェクト」にお任せください。

WordPressの構築や運用のお手伝いから、コンテンツマーケティングも含めたWebマーケティング全般のサポートが可能ですので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がコンテンツマーケティングの導入にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集