コンテンツマーケティングの種類や目的ごとの使い分け方について



コンテンツマーケティングはいくつかの種類・手法があり、目的ごとに使い分けることで効果の最大化が期待できます。

例えば、WordPressでWebマーケティングをする際、コンテンツマーケティングとともにその他の種類・手法を組み合わせて、使い分けることで、求める結果が得られるようになるのです。

今回はコンテンツマーケティングの種類や目的ごとの使い分け方についてお話します。

プレスリリースなど公式としての情報発信で信頼性をアップ

プレスリリースは企業や組織の公式として情報発信する際に非常に役立ちます。新しい商品やサービスの紹介だけでなく、開発中の情報や新しい取り組みについても情報発信することで、信頼性を高めつつ、興味関心を引き出すことにつながります。

その他にも展示会やセミナー、イベントやセール・キャンペーンなどの告知をしっかりと行うことで、顧客満足度の向上や利益や売上のアップにもつながるでしょう。

記事コンテンツによる潜在的な顧客層へのリーチ

コンテンツマーケティングの主流ともいえる記事コンテンツによる潜在的な顧客層へのリーチも重要です。定期的かつ継続的に記事コンテンツを発信していくことで、顧客やユーザーの中にメーカーやブランドとしての立ち位置を残しておくことができますし、認知拡大と興味関心の育成にも効果があります。

また、その他の種類・手法と組み合わせることも大切です。後述するメルマガへの登録、ホワイトペーパーのダウンロード、SNSアカウントへのフォローやシェア、ランディングページに遷移させるなど、コンテンツマーケティングの主軸として導線を考えると良いでしょう。

メルマガによるファンやリピーターの獲得や休眠顧客の掘り起こし

メルマガはSNSアカウントへのフォローや友達登録よりも敷居が低いため、比較的登録してもらいやすい種類・手法と言えます。興味関心の育成とともに、ファンやリピーターの獲得、そして何よりも休眠顧客を掘り起こす効果が期待できます。

例えば、一定期間購入や課金していない人にお得なクーポンやキャンペーンのお知らせをしたり、ファンやリピーターに定期的にお得な情報を発信したりすることで、利益や売上が途切れにくくなるでしょう。

SNSによる情報拡散効果と幅広い層へのリーチ

各種SNSで公式アカウントを設置し、投稿するのもおすすめです。SNSごとに異なるユーザーや顧客層が存在しているため、幅広い層にリーチできるためです。同時に、RTやシェアなど、情報が拡散しやすいため、注目が集まることで(一時的でも)爆発的な利益や生む可能性も高いです。

SNSで情報発信する場合は、WordPressの記事コンテンツに誘導することで、SNSの表現だけでは表現しきれない、伝えきれない情報を伝えやすくなります。また、TwitterならTwitter向けの投稿、Youtube、Tiktok、Instagramなど、それぞれのSNSの特徴を理解・分析し、それぞれにあった投稿や表現をすることで、各種SNSのユーザーも取り込みやすくなるでしょう。

ランディングページ(LP)による興味関心の育成と顧客への成長

ランディングページは昔からある手法ですが、コンテンツマーケティングにも非常に役立ちます。あと一歩で商品の購入や有料サービスへの課金に悩んでいる顧客やユーザーに対して、背中を後押しすることができるからです。

また、リードの獲得にも効果的であるため、ランディングページの最後にお問い合わせフォーム、メルマガ登録フォーム、会員登録フォームを設置すれば、「とりあえず登録はしておこう」と前向きなユーザーの取り込みにも役立つでしょう。

ホワイトペーパーによるリードの獲得やインバウンドマーケティング

BtoBであれば、ホワイトペーパーによるリードの獲得やインバウンドマーケティングも視野に入ります。記事コンテンツやSNSの投稿では公開していない情報を得るために、フォームなどで企業や担当者の情報を得やすいのが理由です。

もう少し詳しいことを知りたい、導入や購入、課金を検討しているといった前向きなリードを獲得できること、企業情報や担当者の情報を得られるので、直接的な交渉もしやすい手法と言えます。

まとめ:いくつかの手法を組み合わせて幅広くWebマーケティングを進めよう!

今回はコンテンツマーケティングの種類や目的ごとの使い分け方についてお話しました。

コンテンツマーケティングは単にアクセスやPVを稼ぐことだけが目的ではありません。しっかりと目的を定めて、結果を出すことが重要と言えます。

いくつもの種類や手法を知り、目的を設定して使い分けることで、直接的に利益や売上につながる導線を増やすイメージを持つことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がコンテンツマーケティングの種類について知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

目 目

注目記事

SEO特集