特集・SEOプラグイン10選

WordPressには追加するだけで簡単に拡張機能を使うことができるプラグインがたくさんあります。その中でも、まずはSEO対策が出来るプラグインを10個紹介します。

1.All In One SEO Pack

https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/  

All in One SEO PackはWordPressの一通りのSEO対策ができるプラグインです。

SEOで集客するにあたって重要となってくる、メタタイトル、メタディスクリプションやnoindex、canonicalの設定を簡単に行えます。記事ごとにもメタ情報を編集できる柔軟なSEO対策が可能です。

基本的な設定項目のほかにも、Googleアナリティクスのコード設置や、サイトマップの更新なども設定可能。ソースコードを編集しなくてもSEO対策ができるので、SEOで集客をしたい初心者には特にインストールをおすすめします。

 

2.Yoast SEO

https://ja.wordpress.org/plugins/wordpress-seo/  

Yoast SEOは、SEO対策の設定を管理できるWordPressプラグインです。非常に高機能でありながら、基本機能は無料で利用できます。

このプラグインは様々な便利な機能が搭載されています。記事ごとのSEO対策設定機能、ソーシャルメディア用のメタタグ生成機能、XMLサイトマップ生成機能、パンくずリスト機能、RSSフィードに挿入する文言の設定機能など、便利な機能が満載です。

SEO対策のプラグインと言えば「All in One SEO Pack」が有名ですが、このプラグインは、機能を更に拡張させたイメージで、上級者向きと言えます。

このプラグインは多くの国や人が使用しているため、解説ブログもたくさんあります。そういうサイトなどを参考にできるので利便性もあります。

3.Premium SEO Pack

https://wordpress.org/plugins/premium-seo-pack/  

全体的にSEO対策を行いたいプロ向けのプラグインです。有料ですが高精度で幅広いSEO対応をする優秀なプラグインとして根強い人気を保っています。

SEOツールに含まれている一般的な機能のほかに、画像最適化やSEOスコア機能、SNSをまとめて管理する機能など通常のSEOツールには含まれない機能が数多く含まれていることが魅力です。1つのプラグインで多くの作業ができるところがとても価値あるところです。また、このプラグインタイトルとメタタグ以外のSEO全てのスコア情報を1つの画面で確認、改善することができるので、SEO改善をする際かなりの時間短縮となるでしょう。

 

4.Broken Link Checker

https://ja.wordpress.org/plugins/link-checker/  

Broken Link Checkerはサイト内のリンク切れを自動でお知らせしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerを使えばリンク切れをすべて自動検知してくれるので、リンク切れに気づかず検索エンジンからマイナス評価を受けることもなくなります。はやい段階にインストールしておきたいプラグインのひとつです。

 

5.Google XML Sitemaps

https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/  

Google XML SitemapsはWordPressサイトの サイトマップを自動的に作成・通知するプラグインです。世界中のユーザーに9年以上使われています。

記事の更新・公開の度にサイトマップを作成し、検索エンジンに通知してくれます。設定は用意された項目を選択するだけです。

 

6. WebSub/PubSubHubbub

https://ja.wordpress.org/plugins/pubsubhubbub/  

このプラグインは記事を更新した数分以内にインデックスさせることが可能です。

設定は、インストールして有効化するだけなので、設定の手間がかかりません。

インデックスの速度を上げると、万が一他サイトにコピー記事を作成されても、先にインデックスされるのを防ぐことができます。

 

7. PuSHPress

https://wordpress.org/plugins/pushpress/  

こちらも上記のプラグインと同様に投稿した記事をほぼリアルタイムでインデックスできるプラグインです。 インデックスの高速化は、パクリサイト対策としても非常に有効です。

 

8.Compress JPEG & PNG images

https://ja.wordpress.org/plugins/tiny-compress-images/  

Compress JPEG & PNG imagesは、アップロード画像を圧縮してくれるプラグインです。画像を圧縮して画像の読み込みが早くなれば、ページの表示速度がよくなり、SEOに良い影響を与えます。

特徴としては、画像をWordPressへアップロードするたびに、自動で圧縮できる、既にメディアライブラリ内にある特定の画像を選んで圧縮できる、必要なときにだけ発動させることができるということがあります。

 

9. WP Fastest Cache

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-fastest-cache/  

WP Fastest Cacheは、主にキャッシュでページ表示速度を高速化することを目的としたプラグインです。

表示速度が遅いと、ユーザーの「サイト滞在時間」「サイト回遊率」「サイト直帰率」に悪影響を及ぼします。ユーザーの満足度が低下すると、SEO評価の低下にもつながります。また、キャッシュプラグインの利用になれていない人でも、ほぼ日本語表示に対応しているので手軽に使えるWordpressプラグインです。

 

10. Ultimate Nofollow

https://wordpress.org/plugins/nofollow/  

Ultimate Nofollowは、記事編集のリンク挿入画面に「rel=nofollow」の設定項目を追加できるプラグインです。外部リンクに対して「rel=nofollow」を記述することは、SEO的に非常に重要です。

記事の中に他のサイトを見て欲しい時は外部サイトのリンクを貼って誘導するときもありますが、この時にnofollowタグを付けなければ自分のサイトの評価が下がる可能性があります。ですが、毎回テキストエディタに切り替えてnofollowタグを入れるのは手間がかかります。

このプラグインを利用すると、外部リンクのAタグに「rel=nofollow」を簡単に記述できるようになります。「rel=nofollow」のコードを頻繁に記述する場合などは、HTML編集作業が効率化できます。

 

まとめ

WordPressの基本的なSEOプラグインをご紹介しました。

WordPressはプラグインを導入することを前提に作られています。ただ、プラグイン同士によっては相性が悪いものがあり、予期せぬ動作をすることもあります。プラグインを選ぶ際はユーザーのレビューもみて、自社のサイトに合ったものを選ぶように心がけてみてください。

サイトの構築時から運用チームでテーマファイルやインストールしたいプラグインを確認して、コーディング上に問題がないかチェックしながら進めてエラーを最小限に防ぎましょう。

今後、実際のインストールや設定方法についてもお伝えしていきたいと思います。

   
目 目

注目記事

SEO特集